道のり

0 0
Read Time:16 Second

道のり

noteには定期的に記事を書きながら、ホームページのブログはまたまた放置していました。

今度こそ定期的に書こう。うん、そうしよう。

 

2020年、思うところあり、小さくて古いアパートへと引っ越しをしました。

ヒット曲を書いた作詞家が住んでいると知ると驚かれそうな古びたアパート。

方丈記に感化され、仏教にのめり込み、スキンヘッドにして身を清め、経済活動までも否定するような姿勢の時期もあった。

持ち物はリュックひとつが理想くらいに思って気合を入れすぎな断捨離もしました。

そうして紆余曲折を経て今という時間を見回してみる。

ミニマルな暮らしへの憧れは確かに時代にもあっていて、質素さの中にある豊かさにも気づけたけれど、

悲しきかな僕たちは資本主義のこの世界の中からは出られないようだ。

ならばやはり資本を蓄えることこそが生きてゆく糧になってしまう。

それはお金だけでなく、労力、ご縁、身体、心、魂。

全てが資本といえるわけで、それを鍛えることでこそ、この時代に向き合うことができるのだと、

こんなギリギリの瀬戸際にまで追いやられるような日々で初めて気づくことができました。

順風満帆な日々、ギリギリヘトヘトな日々、両方を体験して思うのは、

やっぱり心は豊かでありたいということ。

ボロは着てても心は錦。

せっかくいただいたこの生命。

経済活動を否定し、つつましく慎ましくでは、きっと学びきれないこともある。

バランスよく自分の中の資本力を高めたい。

そんな当たり前なことに気づいた2022年夏。

人生の新転機として、希望を伝え続けられる人間でありたい。

ぼくがいうと笑う人もいるだろうけれど、大真面目にここからの人生を発展させてみせよう。

様々な経験ができる人生という道場。

面白い場所だなあと思います。

あなたともいつかで会えることでしょう。きっと。

そのときまでにぼくはパワーアップしよう。

想像を超えたエナジーを持って歩もう。

必ず。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %