歌を書いた時の情景。感じたこと。想い。 少ししたためてみます。

0 0
Read Time:31 Second

時代を超えるために

 2000年1月19日、ミレニアムで印象的な年の幕開け。平井堅さんの『楽園』という楽曲がリリースされました。

 ぼくにとっては歌の世界でのデビュー作になりました。

Sony製のカセットテープから聴こえた未来のサウンド

 お仕事をいただき、ぼくが手にしたのは2曲のデモ音源が収録されたSony製のカセットテープと新曲の意向と平井堅さんに関するA4数枚の資料でした。

 お仕事をいただいたタイミングは、ぼく自身、人生が有頂天のように全てがうまくいっていたところ、あることから地面に叩きつけられたような、悲しみの中にいたその時のことでした。孤独を感じていました。

 ぼくの実家は当時、小さな洋菓子の卸を営んでいました。店舗の2階のくぼんだ場所にちょうどぼくの仕事机がありました。西向きのパソコンデスクに向かって、カセットテープが擦り切れてしまいそうなほどに何度も何度も聴きなおしながら、このうたを紡いだ記憶があります。

 不思議なのですが『楽園』を書いている時、ぼくの脳内には渋谷センター街の映像がありました。あらゆるスピーカーから『楽園』が流れている映像。スタイリッシュな姿で歩む平井堅さんの姿。

 音楽を未来へ運んでいる。そんなイメージがありました。

ライブな衝撃

 『楽園』を初お披露目するというコンサートでご招待をしていただき、その時、初めて平井堅さんとご挨拶をさせていただきました。目にしていた映像のままで、謙虚で真摯な姿に、ぼくは本物の歌い手の凄みを感じていました。

 その後も何度かコンサートにお招きいただき、生の音量での『楽園』に我ごとながら圧倒されました。すごく不思議な感覚がありました。徐々に大きくなっていく会場にも不思議な感覚がありました。

 初めてのお披露目の時、平井堅さんは何度も『楽園』のことを「名曲、楽園です。」とご紹介されていました。初めて歌う歌のことを名曲と紹介するというところにぼく自身は新人作詞家ながら、レーベルのこの楽曲への意気込みを感じていました。

 楽曲『楽園』が発売されて、ぼくの人生は劇的に変わりました。そのあとの22年も含めて、普通であればなかなか見ることのできない環境の変化だと感じています。これは言葉にすることが難しく、実際に体験したぼくだけの心の中にあるものです。

これからの道を

 あれから様々な歌を書かせていただく機会をいただいてきました。今もまたありがたいことに、各方面から少しずつお声がけをいただいています。

 悲しみと苦しみから、人生を終えようかと思ったことも何度もありました。実際にそれで周りに迷惑をかけてしまったことも何度もありました。だからこそ、ぼくはこれからそのような気持ちを人々が持たないようにできる活動をしていきたいと決めて歩んでいます。

 時代は喧騒と混沌の中、世の中の風景を見つめているとまるでこの時代が『楽園』の楽曲の世界観そのもののように感じてしまうこともあります。

 それでもぼくはこの楽曲に一筋の光を描きました。それはとてもつよい光です。この楽曲を時代背景と共に記憶している人の中では、重い空気感もあるだろうと思います。それでもこの楽曲が支持され続けている背景には、ぼくはぼくが描きたかった光、そして『楽園』制作関係者全ての光が注がれているからなのだと確信しています。

 当初売れるとは思われていなかった楽曲。それが一年を通してチャートから落ちることがないという不思議な売れ方をしました。

 あらゆることがあり得る時代。それでもどんな悲しみの中にも光はあり、ぼくたちの心の中には楽園はあり続けています。

 Let me fly…それは羽を広げた鳥のように、あらゆる概念を超えて自由に生きる姿。

 これからもぼくは自分にできること、与えられたことを、精一杯にこの身体と心から放ちたい。

 何があろうとも、光はあり続ける。

 ぼくたちの世界に光は輝き続けている。

Makoto ATOZI

(画像のCDは関係者用に配られたサンプル盤です)平井堅 楽園

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:11 Second

上白石萌音 name ジェリーフィッシュ

上白石萌音さんのアルバム『name』に「ジェリーフィッシュ」という楽曲の歌詞を書かせていただきました。

敬愛する作曲家金子隆博さんからお声がけをいただき、精一杯、書かせていただきました。

僕が書いたというよりも、もっと大きな何かの力によって導かれている感覚のある不思議な体験でした。

このような名盤に参加させていただけました喜び。噛み締めながら聴いています。

ありがとうございます。

 

上白石萌音オリジナルアルバム『name』収録

M2「ジェリーフィッシュ」

作曲:金子隆博 作詞:Makoto ATOZI

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2022年7月13日発売

特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/kamishiraishi-mone/name/

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:16 Second

ラブとポップ~大人になっても忘れられない歌がある~mixed by DJ和

DJ和さんのコンピレーションアルバム『ラブとポップ~大人になっても忘れられない歌がある~mixed by DJ和 』に『楽園』を収録していただきました。

2000年代、歴代のヒットソングを収録した聞き応え十分なアルバム。

当時のJ-POPの空気と歴史が垣間見える。

こんな豪華なアルバムに自分の書いた歌が入るなんて、本当に人生は不思議。

女優の安達祐実さんが何かのインタビューで、お仕事が一番忙しかった時期、

車での現場との往復時に聴いていたのが『楽園』だったと話されていた。

ぼくの知らないところで、歌はつよく生きている。

ジャケ写の安達祐実さんも美しい。

懐かしくて甘酸っぱくて切なくて、いいアルバムです。

人生、がんばります。

 

 

『ラブとポップ~大人になっても忘れられない歌がある~mixed by DJ和』収録

M32 平井堅『楽園』

作詞 Makoto ATOZI  作曲 Masahito NAKANO

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2019年8月7日発売

タワーレコードウエブページ

https://tower.jp/item/4912314

 

 

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:12 Second

畠中祐 『オド☆リバ~MUSIC IS MAGIC!』

人気声優 畠中祐さんのアルバム『FIGHTER』に収録していただいた 『オド☆リバ~MUSIC IS MAGIC!』

おれパラ『眠るものたちへ』神谷浩史『GRAVITATION』などでお世話になったセクションのディレクターさんからお声がけいただきました。

ロックサウンドに弾けるようなパワーワードをちりばめました。

この曲をセットリストに入れていただき、お招きいただいたコンサート。

自分の書いた歌で会場のリズムに乗るという幸せをまた体感させていただきました。

メロウな歌詞を書くイメージがあるかもしれないですが、

ぼく、案外激しい歌の歌詞や明るく楽しい歌詞も書いています。

嬉しいお仕事でした。

 

畠中祐 アルバム『FIGHTER』収録

2019年3月27日発売

M9 『オド☆リバ~MUSIC IS MAGIC!』

作詞 Makoto ATOZI  作曲 守尾崇・小田原 ODY 友洋

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:4 Second

シュークフラッシュ 星空のサーカス

敬愛する作曲家金子隆博さんMINAKOさんマリさんのシュークフラッシュ(From 米米CLUB)さん。

『星空のサーカス』という歌の歌詞を書かせていただきました。

ペンネームは滝川さとり。

今後は滝川さとり名義の作品も増えていくと思います。

アンコールで歌っていただけている映像を拝見しました。

とても嬉しい。

若かりし頃、海岸から見上げた夜空の景色を臨場感を持って紡ぎました。

ぼくにとってはとても大切な歌です。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:7 Second

Shifo 『 No Rain,No Rainbow』『 愛よこの世界に今何を思う』

20年来の仕事仲間のShifo さん

『 No Rain,No Rainbow』『 愛よこの世界に今何を思う』を書かせていただきました。

随分、会わない日々があったのだけれど、ある日、Facebookで連絡を取り合って

また一緒に制作しましょうという話になり10曲ほど制作。

その中の2曲を発表しました。

力強く、最高の歌声のアーティスト。

作曲家としてはMihimal GTの『気分上々↑』を書いたりと多才。本物の才能。

また一緒に歌を書きたい。

ということでまた最近連絡を取り合ったりしています。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:5 Second

平田志穂子 『青い地球の少女』

平田志穂子さんの 『青い地球の少女』という楽曲。

アルバム『7:08』に収録していただきました。

友人コンポーザーのArchiboldくんからの紹介でつながったお仕事。

すべての作家が7:08分というくくりで歌を書いています。

朝、7時8分。女性が見ている風景。

ぼくが思う平田志穂子さんの透明感を歌詞にしました。

みずみずしくも強い女性の自立の歌。

ピュアな歌です。

 

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:6 Second

神谷浩史 Theater GRAVITATION Makoto ATOZI

大人気声優の神谷浩史さん。

アルバム『Theater』に『GRAVITATION』を書かせていただきました。

岩田光央さんの『眠るものたちへ』でお世話になったディレクターさんとメールをしていて、「書いてみますか?」といただいたお仕事。

夜空に浮かぶ月を見ながら夜空のブランコに乗る恋人同士のファンタジーティストなラブソング。

コンサートにご招待していただき、ご挨拶させていただいた時、ぼくは緊張から頭を下げて礼をする時にあろうことか神谷浩史さんと頭と頭がぶつかってしまい、しどろもどろになってしまったという忘れられない思い出。

コンサートでもとても良い場面で流していただき、打ち上げ会場でも何回もリピートして流していただけていた。

希望と輝きを感じられるラブソングです。

とってもいい歌だと思います。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:6 Second

中村美律子 おもいでの宿 ようやったね Makoto ATOZI

地元の大先輩であり敬愛する作曲家の高原兄さんからお話をいただき書かせていただいた中村美律子さんの『ようやったね』

シングル『おもいでの宿』のカップリングとして収録していただきました。

元々はパチスロ機を作るということで、そのBGM用の楽曲として制作。時を経てシングル盤に収録していただきました。

何度聴き返してみても、本当にこの歌の歌詞をぼくが書いたのかと、自分自身でも驚いてしまうような歌。

サラリーマン応援歌。

勇気と元気が湧いてきます。

とってもパワーあふれる歌。

紅白歌手御大の歌声からは日本の本当の歌を感じられます。

こんなお仕事をさせていただけるなんてぼくは本当に幸せ者です。

幸せな作詞家です。

人生、がんばります。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

0 0
Read Time:7 Second

岩田光央 眠るものたちへ Makoto ATOZI

声優 岩田光央さんに書かせていただいた『眠るものたちへ』

レコーディングには参加できなかったけれど、歌入れの後、マネージャーから連絡があり、「いい歌になったよ」と連絡があり、ホッとした記憶がある。

ぼくが思う青春を歌にしました。

友人、青春といっても、ぼく自身はなかなかに稀有な人生を歩んできたから、自分の場合は青春も少し曲がり道気味だったけれど、この歌には真っ直ぐな気持ちを込めました。

声優たちの大きな祭典であるコンサートおれパラでは10年以上毎年アンコールで歌っていただけていたようです。

コンサートも何度かお誘いいただきながら、結局、歌っていただけているところを一度も観に行けなかった。

いつかまた歌っていただけることがあれば観に行きたいな。

その時にはきっとまたお誘いいただけるように、お仕事がんばろう。

多くの人々に愛される歌を書くという喜び。

すごく感じることができた歌です。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %